個性的で住みやすい家を建てるならデザイン住宅がおすすめ

夫婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

地域性を生かしたい

男女

窓への意識

湘南の気候風土によって、現代の住まいは高気密になっています。ですが、併せて通気性も考えることが大事で、注文住宅では出入りを視野に入れたプランニングが可能です。湘南も海沿いに面していることによって、湿気によるカビやダニの繁殖、家にダメージを与える影響も考える必要があります。この場合、通気性の一工夫で改善でき、空調や換気扇などの設備の導入も検討できます。しかし、注文住宅でならば、窓からプランニングする工夫も1つの手です。風の出入り口を作ることが肝心で、水平と垂直方向など、空気の流れを立体的に考えることもポイントになります。対面させて窓を作るだけではなく、高低差で風を通し、開閉式のトップライトを使用することで通風口としても役立てられます。注文住宅では、窓のスタイルや配置で空間にリズム感を漂わせたり、スタイリッシュな外観を演出することも可能です。また、視線や日差しをコントロールしながらの換気も可能とする窓シャッターにこだわってみるのも手の1つです。

景色を取り入れる

通勤が多少不便になっても、湘南には眺望のよい立地条件が魅力となり、注文住宅の需要増も話題です。眺望で選ぶ際、傾斜地という立地条件も湘南には少なからずあるため、傾斜地ならではの眺望が満喫できる建築家との家づくりを進めることが理想的です。見晴らしを生かす注文住宅であることが特徴ですが、基礎工事の予算を抑えるためにも変形敷地に合わせた平面形は強い家づくりの基本の形です。景観を満喫するには、大きな開口部と広いデッキは建物の角を生かして配置し、景色をどこからでも楽しめるようにLDKをオープンにする設計は定番となります。視線を遮らない程度の棚や床の段差などでそれぞれのスペースを区分けするなど、注文住宅ならではのプランが定着しています。